iPhoneからひかり電話経由で電話をかける方法

どんなことができるのか

iPhoneからVPN(PPTP)で自宅のひかり電話ルーターにつなげて、自宅の電話番号で電話をかけてしまうという技。世界どこにいても、私の場合、011(札幌)の市外局番で電話をかけられる。費用は1万円以内。あとは、ちょっとコツのいる設定次第で実現しちゃう。使用次第ではiPhoneを携帯電話としては、いっさい使用しなくなります。ひかり電話経由だから緊急電話でもなんでもかけられるし、skype outよりよいと思う。自宅の電話を使うので、電話代がめちゃ安く済みます。勤務医の私、何やってんだろww

このように、IPから電話回線に入り込む技が世の中に浸透すれば、もう、どこの国のどんな電話番号でも、どこでも使えちゃう、という、想像のつかない状態になっちゃうんじゃないかと思います。

用意するもの

ひかり電話とiPhoneをお持ちの方は、新たに用意するのは、VPNルーターとSipPhone on iPhoneというソフトだけです。

ひかり電話ルーター(RT-A300SEなど)

NTTから貸与されるものです。私はRT-A300SEというルーターを借りています。その他、大抵のひかり電話ルーターで事足りると思います。

VPNルーター(BHR-4RV)

バッファローのVPNルーターです。PPTPをサポートしています。

iPhone 3G

ソフトバンクから買って下さい。

SipPhone on iPhone

iTunes Storeから買ってiPhoneにインストールして下さい。800円です。
(今で言うところの iSIP です 追記:2010/06/29)

ひかり電話ルーターとVPNルーターのつなぎ方

VPNルーターのWANポートには何も接続しないで、ひかり電話ルーターのLANポートとVPNルーターのLANポートをLANケーブルでつなぎます。

ひかり電話ルーターの設定

設定を理解するには、それなりにコンピュータの基礎知識が必要です。わからない人は諦めて下さい。大事なことですが、この設定は合法なものですので、ご安心ください。

内線設定

図のように内線番号3に設定してみて下さい。パスワードはお好きなもので。

静的NAT設定

図のように設定してみて下さい。

高度な設定

アップデート設定を手動にしてみて下さい。これはおまじないです。

情報→現在の状態→機器状態情報

WAN側IPアドレスを書き留めておいて下さい。アップデートを手動にしましたので、ひかり電話ルーターの電源を切らない限り、勝手にWAN側IPアドレスが変わることがありません。VPNルーターのDDNSを設定できればいいのですが、今回はこの機能は使用できませんので、WAN側IPアドレスを書き留めるという原始的なやり方を行います。

VPNルーターの設定

設定を理解するには、それなりにコンピュータの基礎知識が必要です。わからない人は諦めて下さい。大事なことですが、この設定は合法なものですので、ご安心ください。

LANポート設定

図のように設定してみて下さい。DHCPサーバ機能は使用しません。

PPTPサーバ設定

図のように設定してみて下さい。続けて、外部から接続するためのユーザをひとり追加しておいて下さい。ユーザのIPアドレスの割当方法はDHCPでO.K.です。

パケットフィルタ設定

必要ないのかも知れませんが、図のように設定してみて下さい。

iPhoneの設定

設定を理解するには、それなりにコンピュータの基礎知識が必要です。わからない人は諦めて下さい。大事なことですが、この設定は合法なものですので、ご安心ください。

VPNの設定

設定でVPNを選択します。(上図は既にVPNが接続されていますが、気にしないで下さい。)

VPN構成を追加を選択します。(上図は既にVPNが接続されていますが、気にしないで下さい。)

PPTPを選択して、必要項目を入れていく訳ですが、サーバはひかり電話のWAN側IPアドレスのことです。アカウントとパスワードはVPNルーターのものです。(上図は既にVPNが接続されていますが、気にしないで下さい。)

晴れてVPNでつながると上のところにVPNと表示されます。

SipPhone on iPhoneの設定

SIPアカウントを作ります。(上図では既にSIPアカウントが作ってありますが、気にしないで下さい)

こんなふうに設定します。Passwordはひかり電話の内線設定で設定したパスワードです。

そのまま、Advance設定をします。

Settingsは特にいじらなくてよいです。

Settingsは特にいじらなくてよいです。設定は以上です。

電話のかけかた

Wi-Fi環境のみで電話が使えますが、PPTPが通らない設定をしているルーターの場合は、SIPは使えません。逆を言えば、PPTPが通れば、地球の裏側からでも、ひかり電話が使えるということです。

下準備(いつもこの下準備が必要です)

0. Wi-Fi環境下であることを確認します。
1. iPhoneの設定でVPNをONにします。
2. SipPhone on iPhoneのSIP AccountをONにします。

3. SIPの字が緑に点灯します。使えます。

内線電話のかけかた

1と押して、SIPボタンを押してみて下さい。自宅の電話に発信します。お話し出来ます。

内線電話のうけかた

自宅の電話から3と押して、外線発信して下さい。iPhoneが着信します。お話し出来ます。

外線電話のかけかた

お好きな番号を押して、SIPボタンを押してみて下さい。自宅までネットでつながり、自宅のひかり電話から発信します。お話し出来ます。

外線電話のうけかた

自宅の電話に着信があれば、iPhoneも着信します。お話し出来ます。

検索 ログイン